めまい検査ツールは
新たなステージへ

PitEyeの特徴

めまいに悩む患者は全国で約50万人、潜在患者を含めると約267万人いるとされています。しかし診療科である耳鼻咽喉科でめまいを専門とする医師は全体の1割にも満たず、十分な診療が行き渡っていないのが現状です。その要因のひとつとして、めまい検査機器導入に関するハードルの高さがあります。 ※厚生労働省「2019年 国民生活基礎調査の概況」より引用

  • 検査機器の費用が高い
  • 機器の操作が複雑で学習コストがかかる
  • 検査方法によって専用検査機器が別途必要
  • 機器の設置スペースが確保できない
  • めまいの専門医がおらず、的確な診断が難しい

PitEyeは、
このような現場の課題と、
医師の声から生まれました。

PitEyeのポイント

  • シンプルな操作で高精度の検査が可能

    シンプルな操作で
    高精度の検査が可能

    IT業界で長らくソフトウェア開発に携わってきたメンバーを中心に、めまい専門医と共同で開発。UI/UXの視点から設計を行い、可能な限り難しい操作を省きました。またVRデバイスに搭載された視線追跡技術によって、専用検査機器と変わらない高精度の検査が可能です。

  • 簡単に着脱ができるから、準備に手間がかからない

    簡単に着脱ができるから、
    準備に手間がかからない

    検査用VRデバイスはPCとケーブルで繋ぐだけですぐに利用できます。従来のような電極の装着や複雑な設定は必要ありません。VRデバイスは被せるだけで装着可能。頭のサイズに合わせて簡単にアジャストできるため、検査の準備がスピーディに行えます。

  • 専門医による遠隔診断サポートに対応

    専門医による診断サポート
    「Dr.REEVEER」に対応

    診断に深い専門知識が必要な場合に専門医からフィードバックが受けられる機能を搭載。ご自身で判断が難しい検査結果でも、的確な診断をサポートします。
    ※別途オプションとして提供 ※診断ではなく、専門医の知見の提供および申込医療機関側での判断をサポートするサービスです。

  • 広い検査スペースは不要 コンパクトで場所を選ばない

    広い検査スペースは不要
    コンパクトで場所を選ばない

    PitEyeは一般的なサイズのノートPCとVRデバイスのみで検査が行えます。大掛かりな装置の設置が要らず持ち運びも手軽で、検査する場所を選びません。比較的省スペースな診療所でも導入が可能です。

多様な検査項目に対応。
臨床結果をもとにvHITを追加予定

製品機能・プラン比較表

提供形態 一括買切
プラン
レンタル
プラン
価格 価格についてはお問い合わせください 価格についてはお問い合わせください
初期費用
保守サービス
延長保証
検査項目および保険点数
  • ※1 共通280点を含みます。

合計1,180点※1

  • 自発眼振検査/注視眼振検査/急速眼球運動検査(標準検査に含む)
  • 視標追跡検査(120)
  • OKN/OKP(120)
  • 頭位変換眼振検査(300)
  • 迷路瘻孔症状検査(120)
  • 前庭動眼反射検査(120)
  • 温度刺激検査(120)
その他対応項目
  • Random Gaze
  • 指標提示時間カスタマイズ
オプションサービス
  • ※2 連携可能なシステムの種類についてはお問い合わせください。
  • ※3 オプション価格についてはお問い合わせください。
  • ファイリングシステム連携※2※3
  • Dr.REEVEER(専門医による診断サポート)※3

製品仕様

製品概要
認証番号 第304AFBZX00105000 号
販売名 眼球運動検査装置 REEVEER - PitEye
類別 機械器具 22 検眼用器具
一般的名称(JMDC) 眼球運動検査装置(70093000)
眼球運動刺激装置(70101000)
大きさ・重さ(VR HMD)
寸法 W182.7mm × D116.2mm × H118.8mm
質量 本体:約520g 付属ケーブル:310g
付属ケーブル長 USB2.0: 2.85m(±100mm)
USB3.0: 2.9m(±80mm)
HDMI: 2.9m(±80mm)
※同梱PCはメーカーおよび機種によって大きさ・重さが異なります。
動作仕様
サンプリングレート 70Hz
動画記録 30fps
解像度 2560 × 1440 px

よくある質問

どのような患者さんが検査の対象となりますか?

めまいの症状がある方が対象です。右眼および左眼での計測が可能で、一般的なめまい検査をひと通り実施可能です。詳細は添付文書をご確認ください。

電子カルテ・画像ファイリングシステムとの連携はできますか?

画像ファイリングシステムについては、随時連携可能なシステムを増やしております。対応するシステムに関しましてはお問い合わせください。電子カルテは現在連携非対応となっておりますが、将来的には電子カルテとの連携することを検討しています。

対応可能なめまい検査の種類を教えてください。

リリース時点で、以下10種類の検査が可能です。今後アップデートで検査の種類を増やしていく予定です。
【可能な検査】
自発眼振検査、注視眼振検査、急速眼球運動検査、視線追跡検査、OKN、OKP、迷路瘻孔症状検査、頭位眼振検査/頭位変換眼振検査、温度刺激検査、前庭動眼反射検査

REEVEER - PitEyeとは何ですか?

専門医でなくとも、めまいの検査が行える検査用医療機器・ソフトウェアです。検査結果をめまい専門医に送付する「Dr.REEVEER」機能の利用で、めまいの患者に適切な処置を行うことが可能です。医学的エビデンスに基づいてめまいの検査を行えるため、専門医に限らず一般的な耳鼻科、内科でもめまいの検査が自動で行えます。

専門医サポート「Dr. REEVEER」とは何ですか?

REEVEER - PitEyeで行った検査結果を、めまい専門医に送付する事で検査結果にフィードバックをもらえるシステムです。患者名を伏せた状態で専門医に送付するため、個人情報が漏れる心配はありません。

保険点数は何点ですか?

共通280点を含む、1180点の保険点数が見込まれます。
・自発眼振検査/注視眼振検査/急速眼球運動検査(標準検査に含む)
・視標追跡検査(120)
・OKN/OKP(120)
・頭位変換眼振検査(300)
・迷路瘻孔症状検査(120)
・前庭動眼反射検査(120)
・温度刺激検査(120)

保険点数は厚生労働省の通知に基づき算定しております
https://clinicalsup.jp/jpoc/shinryou.aspx?File=ika_2_3_3_6%2fd250.html

導入方法を教えてください

当サイトのお問い合わせフォーム、または販売代理店にお問い合わせください。

導入費用を教えてください

一括買切プランとレンタルプランをご用意しております。価格および初期費用についてはこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

製品情報についてやご購入についてのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

お問い合わせフォームへ